クレジットカード

クレジットカード審査の基礎知識

クレジットカードというものはクレジット、つまり「信用」で成り立つシステムです。カード会社は、会員が「必ず代金を支払ってくれる」という信用をもとに、お金を一時的に貸してくれるものなのです。そのため、信用が無い人にはクレジットカードは発行されません。

そのため、クレジットカード会社は、申込み者が信用できるのかどうかを審査します。審査では、クレジットカードを発行しても良いか、その申込み者の資産や年収などの支払い能力、支払い意志などをチェックすることになります。

実際のクレジットカード審査

実際の審査では、居住形態や職業、職種、年収、電話などの項目一つ一つに点数がつけられていきます。これらの点数付けのことを「スコアリング」といい、コンピュータで機械的に行われます。このスコアリングでカード会社の基準を満たした場合、次のステップに進みます。

スコアリングの際に点数がつけられる一つ一つの項目、勤務先や年収、勤続年数、持ち家の有無、未婚・既婚などのことを「属性」といいます。そしてそれぞれ属性が高い、低いという言い方がされます。

例えば、職業では公務員であれば属性が高い、フリーターであれば属性が低いという言い方をします。個人の属性をまとめて、属性が高い人という言い方もします。

何の属性が高く、何の属性が低いのかということは、カード会社それぞれ違います。自営業などは一般的に低属性とされますが、アメックスなどの外資系カード会社では高属性と評価されます。

属性に関しては、多くの方が気にしているようです。下のサイトでは詳しくクレジットカードの属性について解説しています。
属性とは~クレジットカードの用語集
クレジットカード審査時における属性とは?

また、クレジットカードの審査の際にどのような属性が重視されるのかはこのサイトが詳しいです。

クレジットヒストリーの調査

スコアリングが終わると、次いでクレジットヒストリー(クレヒス)の調査が行われます。(カード会社によってはクレヒスの調査を先におこないます。)クレヒスというのは、過去のクレジットカードの利用実績のことで、クレジットヒストリーとは、クレジットカードの利用実績のことで、「個人信用情報機関」に照会し、過去にカードの支払い長期延滞や債務整理、自己破産などの金融事故がないかをチェックします。

近年は、カード会社はクレヒスを非常に重視していて、クレヒスが良好であれば、属性が高くなくてもクレジットカードの審査に落ちることはほとんどありません。逆に高属性であってもクレヒスに傷(延滞などの履歴)があった場合、なかなかクレジットカードの審査には通りません。